2020年1月 6日 (月)

教会便り1月号

誤解

  司祭 セバスチャン 浪花朋久

 発明家のアルフレッド・ノーベルは、1866年にダイナマイトを発明しました。ダイナマイトは、採掘作業や土木工事の安全性向上を目的として発明されました。しかし1888年、ノーベルの兄が逝去した時にフランスのある新聞社は、ノーベル本人が逝去したと勘違いして「死の商人、死す」と題した記事を掲載しました。そこには、ノーベルが短時間で大勢の人を殺害する方法によって富を築いたと記されていたのです。これを目の当たりにしたノーベルは、自分の遺産の全てを、人類に貢献した人々へ授与する賞を設立するために用いることにしました。それがノーベル賞です。ノーベル賞は、ノーベルの思いが世間に誤解されたことから始まったと言えるのかもしれません。

誤解という真実の恐怖

 私たちは誤解したりされたりすることがあります。誤解は、人々の心の中に真実として記憶されるので、それを解くにはかなりの時間と労力が必要となってしまいます。日本でも未だにキリスト教が、「怪しい宗教」と誤解されることがあります。誤解している方の中には、誤った理解が与えられた可能性もあります。つまり発信する側が正しいことを伝えないと、誤った情報が真実として広がってしまうのです。

 聖書や聖公会で用いられている『祈祷書』ができた理由も、誤解を広めないことが一つの理由です。文字の読み書きができる人が少なかった時代、人々の伝達手段は「口伝」でした。そのため伝える側が、誤解してしまう危険もありました。そこで聖書や祈祷書の著者たちは、キリスト教が誤解されないために、文字に記して後世に伝えようと考えたのです。文字に残された聖書や祈祷書は、時代が変わっても本質は変わりません。しかし今度は、解釈する側に問題があると誤解を広めてしまうという事態が生じました。そのため教会では牧師だけでなく、信徒も誤解を与えないように訓練される必要がでてきたのです。

新しい1年の始まり

 誤解は、する側もされる側も傷つけることしかありません。誤解を与えないようにするために、私たちはよく考え、よく祈る必要があるのです。2020年が誤解のない1年となりますよう、お祈り申し上げます。

2019年12月30日 (月)

2020年1月の礼拝・行事予定

 1日(水)10:30 主イエス命名の日聖餐式

 5日(日)10:30 降誕後第2主日聖餐式

      礼拝後:会計監査

12日(日)10:30 伝道区合同礼拝(松江)

      13:00 伝道区会(松江)

17日(金)10:30 阪神大震災記念礼拝(神戸)

      13:00 教区防災講習(神戸)

19日(日)10:30 顕現後第2主日聖餐式

      礼拝後:定例教会委員会、み言葉の礼拝講座

20日(月) 9:15  保育園誕生日礼拝

26日(日)10:30 顕現後第3主日み言葉の礼拝 

※ 1月12日(日)は、合同礼拝のため当教会での礼拝はお休みです。

※ み言葉の礼拝とは、信徒がおささげする礼拝のことです。

2019年12月27日 (金)

祝!クリスマス

Img_0439

 12月20日(日)に教会クリスマス礼拝が行われました。当教会の信徒をはじめ保育園の関係者や近隣の方々など約40名が集まり、イエス・キリストの誕生をお祝いしました。
 礼拝後には、教会のロビーでクリスマス祝会が行われ、交わりの時を過ごすことができました。

2019年12月 2日 (月)

クリスマス準備

12月1日の礼拝後に、クリスマスの飾り付けを行ないました。Img_0410

 

 

 当教会では毎年、クリスマスの時期(12月初めから1月6日前後)にイルミネーションの飾り付けをしています。今年も教会の塔にイルミネーションを設置し・・・Img_0409
 
夜になると十字架から恵みのシャワーが出ているように見えます!!

 Img_0411

 また礼拝の祭壇には、聖母マリアと夫ヨセフをはじめとした聖家族の人形(クリブ)が設置されました。

Img_0412

 当教会のクリスマス礼拝は、12月22日(日)10時半からです。どなたでも参加でるので、お気軽にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

2019年12月 1日 (日)

教会便り12月号

新しい王の誕生

  司祭 セバスチャン 浪花朋久

 時折、「多様性」という言葉を耳にします。「多様性」とは、色々な種類や考え方があることを意味します。近年、この多様性が社会的に受け入れられる傾向にあります。しかし自分が無関心なものや今まで知らなかったものが、突然生活の中に現われてしまうことで、困惑してしまうこともあるようです。そうなると「今までと違う」「これは相応しくない」と多様性を排除してしまうかもしれません。もちろん、全てを「受け入れる」ことが多様性ではありません。肝心なことは、なぜ新しい考え方が起こり、この世界に必要となっているのかを吟味することだと思います。

新しい救い

 今から2000年前に、マリアは聖霊によって身ごもり、夫ヨセフと共にその運命を受け入れました。そして生まれてきたのがイエス・キリストです。イエスは、この世の新しい王として、貧しい人や苦しむ人を助け、人々に「互いに愛し合う」ことを教えました。それまでの人々は、「愛し合う」ことよりも「決まりを守る」ことを重視していました。つまり当時の人々にとって、「愛し合う」ことは全く新しい考え方だったのです。時の権力者たちは、愛し合うことを教えたイエスを捕えます。捕えられたイエスの姿を見た人々は、勇ましい王となると思っていた人物が抵抗できないくらい非力であることに幻滅し、イエスを十字架に付けました。しかし神の子であるイエスは、十字架にかかることで人々の痛みや苦しみを、罵声を浴びることで罵られる苦しみを、身をもって経験され、人間のありとあらゆる苦しみに共感しようとされたのです。このイエスの共感こそが、神様が人間に与えられた新しい救いです。だから私たちは、この新しい王様の誕生をお祝いするために、クリスマスをお祝いするのです。

愛と共感

 新しいものを受け入れることは、面倒で負担になります。それは、今のままの方が自分にとって生きやすく、他者を支配しやすいからです。イエスは、この世界に愛し合うという新しい救いを与えるため、そして共感という救いを与えるためにこの世に来られました。今年のクリスマス、私たちはどのような新しいものに共感することでイエスを感じることができるでしょうか。

2019年11月30日 (土)

12月の礼拝・行事予定

 1日(日)10:30 降臨節第1主日 聖餐式

                礼拝後:礼拝勉強会、クリスマス準備

 8日(日)10:30 降臨節第2主日 み言葉の礼拝

15日(日)10:30 降臨節第3主日 み言葉の礼拝

16日(月) 9:15 保育園誕生日礼拝

18日(水) 9:30 キリスト教愛真高校 クリスマス礼拝

22日(日)10:30 降臨節第4主日 クリスマス聖餐式

                 礼拝後:クリスマス祝会、定例教会委員会

29日(日)10:30 降誕後第1主日 聖餐式

 

※ 12月24日と25日の礼拝はありません。

※ み言葉の礼拝とは、信徒による礼拝のことです。

 

2019年11月29日 (金)

教区会

 Img_0399

 11月23日(土)、神戸聖ミカエル大聖堂(神戸市中央区)において神戸教区第89(定期)教区会が行なわれました。当教会から牧師と代議員の信徒一人が出席しました。昨年の決算と来年の予算をはじめ、全ての議案が可決されました。2020年の神戸教区の働きたのめに、お祈りください。

 

 

 

2019年11月16日 (土)

石見地区牧師・司祭会を当教会で開催

Img_0385

 11月12日(火)に石見地区牧師・司祭会が当教会で行なわれました。島根県西部のキリスト教会の牧師たちが集まり、礼拝と交わりの時をもつことができました。また今回は、出雲市にある平田キリスト教会の楫直樹牧師が初参加されました。

2019年11月 8日 (金)

教会逝去者記念礼拝

Img_0377

 キリスト教では、11月に逝去者を覚えていて祈ることから、「死者の月」と呼ばれています。

 11月3日(日)の主日礼拝の中で教会逝去者記念礼拝を執り行いました。逝去された当教会の信徒・関係者159名の名前を覚えて祈りをお捧げしました。

2019年11月 7日 (木)

米子聖ニコラス教会バザーに参加!

Img_0374  去る11月2日(土)に鳥取県米子市にある米子聖ニコラス教会でバザーが行なわれ、当教会からも出店(魚・小物の販売、プニョ玉すくい)しました。当日は秋晴れに恵まれ、多くの方々と交わりの時を過ごすことができました。

«教会便り11月号