4.教会の出来事

2017年8月 9日 (水)

神戸昇天教会メンバー来浜!

Photo_4

 8月7日(月)に神戸市にある聖公会の教会、神戸昇天教会の信徒の方々が浜田キリスト教会を訪問されました。

昇天の皆様は、当教会の祭壇や納骨堂を見学され、昇天教会とは違った教会の雰囲気を経験されて帰路につかれました。

2017年8月 8日 (火)

広島平和礼拝2017

 8月5日(土)~6日(日)まで広島平和礼拝2017が広島復活教会を会場に開催され、全国から約180名の方々が参加されました。

Photo_2  5日の午前中は、広島平和公園の碑巡りするグループと広島城近辺にある「大本営跡」を巡るグループに分かれてフィールドワークを行いました。午後からは11才の時、原爆を32km離れた疎開先で体験し、両親と兄が被曝された益田遙氏による被爆証言を聞くことができました。 

02  6日には、広島復活教会で8時から「平和礼拝」を行い8時15分に出席者全員で、原爆で亡くなられた方々の魂の平安をお祈りしました。続いて1030から広島原爆逝去者記念聖餐式が執り行われました。

2017年7月26日 (水)

夜の聖餐式

Photo

 浜田キリスト教会では、イエス・キリストの弟子たちや聖人たちの記念日(平日)の夜19時から聖餐式を執り行っています。「日曜日は忙しくて教会に行けないけど、平日の夜なら行けるかも。」「夜の聖堂の雰囲気の中でお祈りがしたい。」と思われる方、どうぞご出席ください。
 夜の礼拝の予定は、月の行事案内をご覧ください。


2017年6月19日 (月)

教区婦人会報告会

Photo
 6月18日(日)の礼拝後に、5月に行われた教区婦人会大会の報告会が行われました。

2017年6月15日 (木)

石見地区牧師・司祭会 in 浜田!!

Photo

 去る6月13日(火)に石見地区牧師・司祭会が浜田基督教会を会場に行われました。石見地区牧師・司祭会とは、島根県大田市から津和野まであるキリスト教の様々な教派の教会で働く牧師・司祭が集まる会です。
 浪花司祭の司式で行われた開会礼拝後、教会ホールで昼食を取り、各教派での集会のもちかたや聖餐式について話し合うことが出来ました。また今回は、今年4月から石見地区へ赴任された2名の牧師・司祭からご挨拶があり、教派を超えたキリスト教の交わりの時を過ごすことが出来ました。


2017年5月 9日 (火)

川本へ遠足

Photo
 5月7日(日)の礼拝後に邑智郡川本町まで遠足へ出かけました。川本の道の駅で買い物をしたり、信徒さんが経営する喫茶店のウッド・デッキで川本の自然を感じながら、お茶と交わりの時をもつことが出来ました。

2017年5月 2日 (火)

教会の学びの場

Photo
  4月30日(日)の礼拝後に、教会の学びの時をもちました。今回はキリスト教の入信の式である「洗礼」について、参加した方々と分かち合うことが出来ました。

2017年4月17日 (月)

祝!イースター!!

Photo

 去る4月16日にイースター(復活日)の聖餐式が、浪花朋久司祭司式のもと執り行われました。当日は、保育園の関係者を教会に来られ約40名でイエス・キリストのご復活のお祝いのお祈りをおささげすることが出来ました。また、礼拝後には教会ロビーで復活日の祝会を開き、交わりの時を持つことが出来ました。
 
またイースター前の木曜には、最後の晩餐を記念する聖木曜日の聖餐式。金曜日にはイエス様の十字架を覚える聖金曜日の礼拝がそれぞれささげられました。
 
 ※イースター(復活日)とは、イエス・キリストが十字架にかかって死に、3日後に復活したことを記念する礼拝です。


2017年3月28日 (火)

聖職按手式

Photo

 3月25日(土)に神戸聖ミカエル大聖堂にて司祭・執事按手式が執り行われ当教会の浪花朋久執事と松蔭中学高校チャプレンの坪井智執事がそれぞれ司祭に。当教会出身で、現在広島復活教会で勤務する遠藤洋介聖職候補生が執事にそれぞれ按手されました。また、同日付で浪花司祭が浜田基督教会の副牧師に任命されました。
 

翌26日の主日礼拝では、浪花新司祭による聖餐式が執り行われました。これからの新しい聖職たちの歩みの上にお祈りください。


2017年3月13日 (月)

広瀬キリスト教会聖別式

Photo

3月12日(日)に島根県安来市広瀬にある広瀬キリスト教会の新礼拝堂聖別式が山陰伝道区合同礼拝として中村豊主教司式のもと執り行われ、約70名の方々が参加されました。浜田キリスト教会からは5名が参加。

広瀬キリスト教会は、1892年(明治25年)にバックストン司祭をはじめ多くの聖職者たちによって130年間で約180人の信徒が誕生し、全国へと巣立っていきました。しかし、礼拝堂の老朽化が進みこの度、新礼拝堂を建築するまでに至りました。そして、多くの人に気安く訪ねていただける開かれた教会として「心が和む、絵のある教会」を目指して、新しい一歩を歩み始めました。

より以前の記事一覧