トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月14日 (日)

「教会便り」(09年1月)から

(2009年1月の「教会便り」、【牧師室から】を転載します。…ブログ担当者)

「混沌とした世の中」

最近の世の中を見ますと不景気、大不況、紛争、テロ、自然災害、陰惨な事件、痛ましい事故、自殺、犯罪の凶悪化、不正・不祥事・偽装など暗いニュースがあふれているように見えます。
また日常生活においても家庭・家族や仕事の問題、複雑な人間関係など生きていく上で様々な困難があり、絶えずストレスを感じ、苦しみは常に隣り合わせと言えるのではないでしょうか。
そのような現実は正に暗闇世界、混沌とした世の中であると言えるのではないでしょうか。

「聖書の時代」

同じように紀元前六世紀のイスラエルのユダヤ人達もいわゆるバビロン補囚、つまり、バビロンに捕虜として強制移住されたことによって非常に苦しみ、正に精神的に混沌と闇に包まれている状態でした。
そのことについてはその時代に書かれた創世記1章2節で反映されていて、「地は混沌であって、闇が深淵の面にあり」と表現されています。
そのような悲惨な状況の中において上述と同じ創世記1章3節で神様は「光あれ」と言われ、バビロンで捕囚の身になっているユダヤ人たちを解放し、彼らをイスラエルの国に帰らせ、彼らに喜びと希望という「光」を与えてくださったのでした。
ここから神様は闇や混沌の世界においても光の世界へと移して下さり、混沌や暗闇から光を射してくださることがわかります。
そのことはイザヤ書9:2で「暗やみの中に歩んでいた民は大いなる光を見た。暗黒の地に住んでいた人々の上に光が照った」、またゼカリヤ書14:7で「夕べになっても光がある」と言われているとおりです。

「混沌から光が差し込まれる」

私達は人生において時に八方ふさがりの暗闇の時、お先真っ暗と言う状況、絶望やどん底の状態という混沌に遭遇する時がよくあります。
しかし、そのような時に神様は「光あれ」と言ってくださり、暗闇、混沌の中から救いの光、希望の光を与えてくださるのではないでしょうか。
その意味で人生の暗闇・混沌の中にも必ず希望があり、夜明けがあることがわかります。
ドイツのカトリック著述家のT・ヘッカーが「わたしの生活ではあらゆることが暗かったが、神様がそれに光を与えてくれた。我が心よ、そのことをけっして忘れるな」と言われることを私達は心に留めたいと思います。

2009年6月 7日 (日)

「教会便り」(08年12月)から

(浜田キリスト教会では、平野牧師が毎月「教会便り」を作成しています。昨年の12月の「教会便り」より、【牧師室から】を転載します。…ブログ担当者)


【牧師室から】

「現代の傾向」

この世に於いて人は大体において人間性、人格、内面よりも外見を磨くことや能力・技能面だけを重視する傾向が強いのではないかと思います。例えば、昔によく言われた女性が男性に求めた「収入が高い」、「学歴が高い」、「背が高い」といういわゆる「三高」の考え方やまた最近言われた資産家や名声を手に入れた人などの成功者を人生の勝者と見なし、それ以外の人を敗者と見なすという、いわゆる「勝ち組・負け組」という物差しもその典型的な例と言えるでしょう。

「バレリーナの山下洋子さん」

59歳になってもずっと踊り続けている世界的なバレリーナである山下洋子さんはそのような傾向に対して真っ向から反論しています。
 「技を磨こうとするより、心、魂を磨くこと、人間としてすばらしい生き方をすることのほうが、舞台に立った時の存在としては大きいと思うんです。舞台芸術というのはお客様に愛を与えるものですから、心から踊りを愛して、温かいものを出していかなきゃだめ。美しいものを美しいとおもえる、人にたいしてありがたいなと思えばありがとうという言葉が自然に出るようなそういう人格を養うことがアーティストには大切なのです。
 ですから、なにがいちばんたいせつかといわれれば、それは心。まじめに素直にバレエに取り組んでいるかどうかは、舞台に出ますし、お客様にも伝わります」と述べているからです。

「聖書の価値基準」

同じように聖書においても「あなたがたの装いは、編んだ髪や金の飾り、あるいは派手な衣服といった外面的なものであってはなりません。むしろそれは、柔和でしとやかな気立てといいう朽ちないもので飾られた、内面的な人柄であるべきです。このような装いこそ、神の御御前でまことに価値があるのです」(Ⅰペテロ3:3,4)と記されています。
この箇所は当時の女性に対して言われているものですが、しかし、見た目・外見を重視する現代にもこのことは当てはまるのではないでしょうか。
また他の聖書の箇所においても「何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある」(箴言4:23)。 
 「まず、杯の内側をきれいにせよ。そうすれば、外側もきれいになる」(マタイ23:26)と記されていて、聖書では人間性、人柄、生き方を重視していることがわかります。
私達は内面(心、魂)の装いに心がけ、内面、生き方をより重視して磨いて行きたいものです。

トップページ | 2009年7月 »