« 「教会便り」(09年10月から) | トップページ | 復活日(イースター)礼拝 »

2010年3月18日 (木)

「教会便り」(09年11月から)

(2009年11月の「教会便り」、【牧師室から】を転載します。…ブログ担当者)

「認められることとそうでないこと」  

2002年、アメリカ音楽界最大の栄誉とされるグラミー賞に、日本人のシンセサイザー奏者の喜多郎さんが最優秀ニューエイジ・アルバム賞を受賞しました。その時に喜多郎さんは「曲が認められてうれしいです。光栄です」と答えていました。  
このように一般的に人は他人に自分を認めてもらえたり、また理解してもらったり、受け入れられた時には大変、うれしくなり、喜びが自然と湧いて出てくると思われます。
それはこの認められて喜ぶという背景には自分自身の「存在を強く肯定」され、また「自分の存在が祝福されて」(山崎房一『心が軽くなる本』)いると感じるからでしょう。
しかし、逆に人に受け入れられてもらっていない時、わかってもらいたくても認められていない場合は、自分自身の存在が否定されている、また生が否定されていると感じられ、「つらい思い」(鈴木秀子シスター)をすると言えるのではないかと思います。

「もうすでに、認められたもの」

聖公会の今は亡き速水敏彦司祭は生前の説教の中で「理解されたいとは、ほんとうは、自分が他者によって、認められたいということです。もう少し正確に言えば、自分が正当なものであると他者によって認められたいということに他なりません。イエス様が命をかけて、私たちに明らかにしてくださったことは、お前たちは、もうすでに、認められたものなのだと言うことです。あなたは、もはや、認められたいという欲求のもとに生きる必要はない。その欲求から解放されて、すでに認められたものとして生きてゆきなさいということです。そのままのあなたが、イエス様の十字架と復活を通して神様によって認められているのだ――これが福音です」と述べています。

「存在自体を肯定してくださる神様」 

 私達は人生を歩むうちで一生懸命していても人から認められず、また時に周囲からも理解されず、悔しい思いや辛い思いをしたりすることが度々あります。
 けれどもたとえ、周囲の人が理解してくれなくても、しかし、神様だけが私たちを認め、受け止め、神様は「その気持ちはわかるよ」と言って全面的に肯定してくださるのです。
私たちは「私という存在自体を受け止め、一人の人間として肯定」してくださる神様がおられるということを覚えて、私達は「もうすでに、認められた」者として自分自身の人生を肯定し、受け入れて生きていきたいものです。

« 「教会便り」(09年10月から) | トップページ | 復活日(イースター)礼拝 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/33832468

この記事へのトラックバック一覧です: 「教会便り」(09年11月から):

« 「教会便り」(09年10月から) | トップページ | 復活日(イースター)礼拝 »