« 夜の教会です | トップページ | 教会礼拝堂 »

2011年6月28日 (火)

「教会便り」2011年7月号より

「当たり前 2」

 以前、月報で感謝の反対語に当たる「当たり前」ということを書かせて頂きました。
 今月号も、特に私達の日常で当たり前になって、気づきにくい自然のものを取り上げてみたいと思います。

「当たり前の水と空気と土」

 福島第1原発から西に約50キロの福島県三春町に住居を構えている臨済宗の僧侶の玄侑宗久氏は、「震災前はまったくなじみのなかった放射線と接することになり、毎日風向きや放射線のモニタリング値を気にするようになりました。それまで、水道水や空気がおいしくて安全なのは当たり前だと思っていましたが、震災後は貴重な存在だったことに気付かされました」と述べています。
 ここでさらに、土壌、土ということも付け加える必要があるかと思いますが、私達は水と空気、土は綺麗なもので、安全・安心という認識しかもっていないかもしれません。
 しかし、放射能漏れによって、どれだけ水と空気、土が有り難いものであるかと言うことを心の底から思った方も少なくはないと思います。

「当たり前の太陽」

 仮に太陽の日照が極端に少なくなった場合はどうなるでしょうか。
 17~18世紀に太陽は活動が異常なほど低下する「極小期」が起こり、そのためヨーロッパや北米は寒くなり、普段は凍ることのないイギリスのテムズ川が凍り、またアイルランドも大凶作になりました。
 当時の人々はこのような状況になってはじめて、太陽、太陽の日射の有り難さをわかったことでしょう。
 このような太陽の変動は今後も起こりえることですが、しかし、私達はどのような時も、当たり前のように太陽が降り注ぐと考えがちで、太陽、太陽光のありがたみを忘れてしまっていることはないでしょうか。

「神様の恵みがあるからこそ」

 私達が当たり前に思っている水、空気、土、太陽はもちろん、神様が造られたものですが、しかし、私達は神様が自然の恩恵を与えて下さる方で、私達は受ける側として、あまりにも慣れて、当然で当たり前のこととしていないでしょうか。
 私達は恵みが当たり前ではなく、「神の恵みによって今日のわたしがある」(Ⅰコリント15:10)、「(神様の)そのすべてのめぐみを心にとめよ」(詩篇103:2 口語訳)というみ言葉を受け止めたいと思います。

« 夜の教会です | トップページ | 教会礼拝堂 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/40589614

この記事へのトラックバック一覧です: 「教会便り」2011年7月号より:

« 夜の教会です | トップページ | 教会礼拝堂 »