« クリスマス | トップページ | 「教会便り」2012年2月号より »

2011年12月28日 (水)

「教会便り」2012年1月号より

「なんでもないようなことが幸せ」
 昔、THE 虎舞竜というバンドの「ロード」いう曲が流行りました。
 その歌詞の中に「なんでもないようなことが幸せだったと思う」という言葉が何度も出てきます。
 この歌詞の背景となっているのが、このバンドのファンであった女性の交通事故死で、ここから作詞者は何ごともなかった当たり前の日常が如何に幸せであったかということを歌詞に込めているのでしょう。
 ここで「なんでもないようなこと」というのは、言葉を換えて言うと、「何も起きず、普通に、淡々と過ぎる日常」(小林正観氏)ということになるでしょう。

「何も起きないことの幸せ」
 先述の心理学者の小林正観氏は、『何も起きないことがどれほど幸せであるか』ということに、私たちはなかなか気がつきません。毎日が、淡々と平凡に過ぎていくことが、実は『幸せの本質』なのです。
 幸せというのは、何か特別なことが起きることではありません。何も起きないことが幸せの絶対的な本質です。
 幸せとは、いいことが起きるとか、楽しいことが起きるのではなくて、自分にとって、いわゆる面倒なこと、大変なこと、汗をかかなくてはいけないこと、神経を使わなくてはいけないことが、何も起きないこと。それこそが最大の奇跡です。
 (だから)何も起きていないということは、自分にとって辛かったり大変だったりすることが起きていないという、とんでもないことを起こしてくれている毎秒毎秒の連続なのです。」と述べています。

「平和を与えるイエス様」

 聖書においては「何でもないようなこと」や「何も起きず、普通に、淡々と過ぎる日常」というのは、「平和」と表現されています。
 この「平和」というのは、「争いのない状態」だけではなく、「無事、平安、健康、安心」という意味を含んでいます。
 そこからイエス様は「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える」(ヨハネ14:27)と言われています。
 イエス様は私達が事故や危険、トラブルに遭わないこと、つまり、「平和」を常に与えようとされていますので、私達は「何もないこと」「何も起きない」「平和」の幸せに気づき、感謝していきたいものです。

« クリスマス | トップページ | 「教会便り」2012年2月号より »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

みなさんは“幸せ”の本質をご存じでしょうか?

幸せとは ”欲”を満たせる状態です。

料亭とか、贅沢や無駄遣いに慣れてしまった人はもっといい思いをしないと満足できない状態になっています。一方、お腹のすいた人は、おかゆでも幸せを感じると思います。

徐々に生活をより良くしていくことで、長が~く幸せを感じることができます。徐々に上がっていく消費税は、多くの人たちを、本当に幸せにできるのでしょうか?

P.S.ちなみに、「好きな人を一生幸せにする」ということは、「好きな人の欲求を一生満たしてあげる」ということです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/43543653

この記事へのトラックバック一覧です: 「教会便り」2012年1月号より:

« クリスマス | トップページ | 「教会便り」2012年2月号より »