« 「教会便り」2012年2月号より | トップページ | 聖週・復活祭のご案内 »

2012年2月29日 (水)

「教会便り」2012年3月号より

「手織りの刺繍」

手織りの絨毯、刺繍は、織っている時は裏側から織るので表は見えず、織り終わって、ひっくり返してはじめて表の模様が分かるそうです。
これと同じように人生というのも正に刺繍の裏側を織っているようなもので、人生をひっくり返してみると、人生の表の模様を見ることができるのではないでしょうか。

「『人生の刺繍』の詩」

刺繍のことをかんがえてごらん
どんなすばらしい作品であっても
裏から見ると模様がわかりません
裏から見てこの色がどうしてここにひっぱってあるのか
あの色の糸がなんのためにそこにあるのか  見当がつきません
色々な糸が無意味にさえ見えます
でも、表から見ると、いっぺんにわかります
このきれいな花弁の模様ができるために あの糸があそこにあったのか
この葉っぱを作るため あの糸が必要だったのか、と驚くのです
私たちの人生も同じです
今は裏からしか見えません
どうしてこのできごとがあったのか
なぜあのつらい思いをしなければならなかったのか
何のためにあの苦しみ、病気や障害が与えられたのか
多くの場合、今はわかりません
今は裏しか見えないため、「なぜ?」という疑問に答えられないことが
たくさんあります
天の御国へ行った時 はじめて自分の人生の刺繍を表から見るようになるのです
その時は、神様のすばらしいご計画や目的を知り ただ驚きと喜びのみです

「人生をひっくり返して見ると」

フランスのカトリック司祭のピエール・テイヤール・ド・シャルダンも、「人生とは、美しい刺繍を裏から見ているようなものだ。その模様が何を意味しているか、そのままでは分からないが、それを表から見られるようになったとき、その意味と美しさが分かる」と語っています。
 聖書でも「わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる」(Ⅰコリント13:12)と語られています。
私達の人生は一見、苦しみや悲しみの模様しかないように見えるかもしれません。しかし、私達の人生をひっくり返して見ると、美しい模様となっているのではないでしょうか。

« 「教会便り」2012年2月号より | トップページ | 聖週・復活祭のご案内 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/44316362

この記事へのトラックバック一覧です: 「教会便り」2012年3月号より:

« 「教会便り」2012年2月号より | トップページ | 聖週・復活祭のご案内 »