« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

「教会便り」2012年4月号より

「事実(現象)と感情」

 世の中では事実・現象と自分の感情を一体だと思っている人が多いのではないでしょうか。例えば雨が降った場合、その雨という事実、現象に対して、心が沈む、嫌な気持ちになることがセットになっている、また一体化しているということがあることでしょう。
 しかし、本来は雨という現象・事実があるだけで、雨そのものは良いも悪いも無く、雨の現象はゼロであることがわかります。

「現象と感情は別々のもの」

 そこから心理学者の小林正観氏は「ほとんどの人は、現象と自分の感情が一体だと思っているかもしれません。
 よく、『上司に怒られたので、とても落ち込んでいる』という人がいますが、上司が怒ったことと、自分が落ち込むことは別です。『上司が怒ったこと』という現象と、悲しい、辛いという感情が別々に存在しています。
 もともと、現象そのものに、色はついていません。私たちが勝手にその現象に感想をつけて、『嬉しい』『悲しい』という色をつけているにすぎません。
 目の前の現象に、『嬉しい』『悲しい』という色をつけるのは自分なのです。その現象をどう受け止めるかは、自分次第ということです」と語っています。

「事実(現象)と感情を分ける」

 この「現象」と「自分の感情」を「一体」としていないという最たる例が旧約聖書の詩編119編71節の「卑しめられたのはわたしのために良いことでした」(新共同訳)。「苦しみにあったことは、わたしに良い事です」(口語訳)。また、「苦しみにあったことは、私にとって幸せでした」(新改訳)というみ言葉です。
 この詩編の詩人は、何らかの理由で、人から卑しめられ、また苦しめられるという事実があったのですが、しかし、詩人はその事実と自分の感情を一体化せず、別々のものとして捉え、感情は「良いこと」「幸せ」と色づけしたのでした。
 もちろん、このような捉え方は簡単ではなく、非常に難しいですが、しかし、目の前の事実・現象を色づけしないで、事実・現象と自分の感情を分ける時には、人生の展開が全く違ってくると言えるでしょう。
 私達は「事実・現象」と「感情」を分ける訓練をしたいものです。

2012年3月15日 (木)

「東日本大震災1周年記念特祷」

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の祈り
2012年3月11日 日本聖公会主教会
「東日本大震災1周年記念特祷」

苦しみ悩みのうちにある人びとを常に支えてくださる主よ、東日本大震災の発生から1年のこの日、すべての逝去者と被災者を覚えて祈ります。
大震災によって世を去ったすべての人が、慈しみ深い主のみ腕に抱かれ、いこ憩うことができますように。
また、地震と津波、放射能汚染により、愛する人を失い悲しみと孤独のうちにある人びと、離散させられた人びと、今もなお弱い立場におかれている多くの人びとを、その傍らに立ってお支えください。そして震災復興のためのすべての働きが、痛みの多いこの地上に希望をもたらすものとなりますように。
慰めの主よ、わたしたちがこれらのことを憶え続け、困難を負って生きる人びとと共に、主のみ跡に従って歩むことができますように、この祈りを主イエス・キリストのみ名によってお願いいたします。     アーメン


「東日本大震災のための祈り」

苦しみ悩みのうちにある人びとを常に支えてくださる主よ、東日本大震災のすべての逝去者と被災者を覚えて祈ります。
大震災によって世を去ったすべての人(ことに――)が、慈しみ深い主のみ腕に抱かれ、憩うことができますように。
また、地震と津波、放射能汚染により、愛する人を失い悲しみと孤独のうちにある人びと、離散させられた人びと、今もなお弱い立場におかれている多くの人びと(ことに――)を、その傍らに立ってお支えください。そして震災復興のためのすべての働きが、痛みの多いこの地上に希望をもたらすものとなりますように。
慰めの主よ、わたしたちがこれらのことを憶え続け、困難を負って生きる人びとと共に、主のみ跡に従って歩むことができますように、この祈りを主イエス・キリストのみ名によってお願いいたします。     アーメン


神戸教区の活動については、小名浜聖テモテ・ボランティアセンターのブログ(http://onahama.jpn.org/)をご覧ください。

聖週・復活祭のご案内

主の平和

 日増しに春めいて参りました。ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、復活日(イースター)が近づいて参りました。聖週、復活日の日程は以下のようになっています。

4月6日(金)1400分 聖金曜日(受苦日)礼拝

4月8日(日)1030分 復活日(イースター)聖餐式・祝会

皆様でイエス様の復活を共に喜び、祝いましょう。どなたでも参加できます。どうぞ、ご気楽にお越しくださいませ。

牧師マルコ平野一郎 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »