« 「教会便り」2012年4月号より | トップページ | 教会の窓がサッシに替わりました。 »

2012年5月 1日 (火)

「教会便り」2012年5月号より

「人が通らなければならない道」

 人が必ず、通らなければならない道は生まれること、死ぬことの2つと言えることができるのではないかと思います。
 またそのこと以外でも、長い人生を送る中で、人が通らなければならない道は、苦難の道・十字架の道と言えるのではないでしょうか。
 具体的に苦難・十字架の道とは、痛み、病気、また人から受けるものとして、無理解、陰口、悪口、批判、憎悪、侮辱、屈辱、蔑視、裏切り、陰謀、排斥等々と言えるでしょう。
 また神様からの試練としては、神様の祈りに対する沈黙、神様不在の苦しみや孤独等と言えるでしょう。

「イエス様がすでに通った道」

 私達が通った道は、もうすでに救い主イエス様が通られています。
 そのことについては、「彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった」(イザヤ5:1)という痛み・病、「こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか」(ヨハネ13:9)という弟子の無理解、「人の子が来て、飲み食いすると、『見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ』と言う」(ルカ7:28)という陰口・悪口、「この人は罪びとたちを迎えて、食事まで一緒にしている」 (ルカ15:2)という批判を受けられているからです。
 またイエス様が人から受ける憎悪、侮辱、屈辱、蔑視、裏切り、陰謀、排斥やそれ以上の受難、又、神様の祈りに対する沈黙、神様不在の苦しみや孤独等を体験されたことは新約聖書で、詳しく記されています。

「天国への階段を上っている」

 それでは何故、私達は同じようにイエス様がたどられた道を通っているのでしょうか。
 それについては、イエス様の語られる「わたしは道で…わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(ヨハネ14:6)というみ言葉が一つの答えとして示されていると思われます。
 つまり、イエス様の道、イエス様の歩まれた道を通らなければ、誰も父なる神様のもと、つまり、天国に行くことができないので、誰もがイエス様がたどられた道を通ることになっていると考えられます。
 そこから、もし、私達が過去やまた現在において、イエス様のたどられた道を通っているとすれば、それは正に天国への階段に一歩一歩、上っているということになるのではないでしょうか。

« 「教会便り」2012年4月号より | トップページ | 教会の窓がサッシに替わりました。 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/45097197

この記事へのトラックバック一覧です: 「教会便り」2012年5月号より:

« 「教会便り」2012年4月号より | トップページ | 教会の窓がサッシに替わりました。 »