« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「教会便り」2013年3月号より »

2013年1月28日 (月)

「教会便り」2013年2月号より

「神様との約束」

 1984年にマザー・テレサが来日した時に、彼女が行く所、どこにでも報道陣と群衆であふれていて、絶えずカメラマンがシャッターを切り、フラッシュがたかれました。
 マザー・テレサは長旅で疲れていたにも関わらず、いつも笑顔で対応したことについて、当時通訳だった渡辺和子シスターに、「私はフラッシュがひとつたかれるたびに、死にゆく魂が神様のみもとに安らかに召されるように神様と約束をしてあるのです。…(だから)疲れているけれど、笑顔をするのです」と打ち明けています。

「天との契約」    

 第二次世界大戦中、アウシュビッツでナチスの捕虜として捕えられ、いつガス室に送られるか、わからないという極限状況の中で、奇跡的に生き残ったヴィクター・フランクルという精神科医がいます。
 彼は「私は、毎日毎時、死の危険にさらされていた。私が死なねばならない運命ならば、私の死は私と互いにこのうえなく愛しあっていた母に生き永らえることを贈ることになるのであった。そして私が私の死まで苦悩を耐えしのべばしのぶほど、私の母は苦しみのない死を迎えることができるように、わたしは天と契約を結んだのです」と語っています。
 ここで彼は、喜んで死にますが、しかし、死ぬとしたら、短くなった寿命をその分だけ母親の生命につぎ足されること、そして自分の死まで苦悩を耐え忍ぶ代わりに、母親が苦しみの少ない死を迎えられるようにという天との契約を結び、収容所内での無意味としか思えなかった自分の命を、意味を持たせることで、極限状態に耐えて、生き延びることができたということでした。

「神様と取引する生き方」

 ここから私達も人生における苦難、苦境、逆境の時、神様との約束・契約を結んで、意味を持たせて生きる生き方は、正に「第三者の救いともなるのですが、それ以上に、自分の救い」(渡辺和子シスター)となるのではないでしょうか。
 私達も「神様、この苦しさを私はじっと我慢しますから、一人の人を救って下さい」とか、「神様、苦悩を耐え忍びますから、あの人の苦しみを少しでも減らして下さい」、「神様、これを我慢しますから、どうかあの人の病気が治りますように」などとそのような取引を神様として、人生に意味を持たせて、生きていきたいものです。

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「教会便り」2013年3月号より »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/49017150

この記事へのトラックバック一覧です: 「教会便り」2013年2月号より:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 「教会便り」2013年3月号より »