« 聖霊降臨後第9主日(特定14) | トップページ | 聖霊降臨後第11主日(特定16) »

2014年8月16日 (土)

聖霊降臨後第10主日(特定15)

8月17日(日)10時30分から聖餐式があります。広島から佐藤司祭が来られます。 
お話しのタイトルは「イエス様を元気づけた外国の女性」
福音書はマタイによる福音書15章21節から25節
どなたでもお気軽においでください。(投稿信徒O)

« 聖霊降臨後第9主日(特定14) | トップページ | 聖霊降臨後第11主日(特定16) »

1.礼拝、集会のご案内」カテゴリの記事

コメント

 失礼します。御一読をお願いします。
 間違っているところがあったらご指摘ください。
 受信拒否する教会が多い状況です。字数制限をするとか、人の意見を聞けないのなら、自分だけ説教する場の教会を開くことを止めることを同業者の教会に説いてください。
.
 題:キリスト教の神は・・死んだ・・、
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい)
.
 マザーテレサさんは・・、
 インドで・・、
 ヒンズー教徒の方々が・・行っている・・、
 『弱者救済の運動とその行動』の中に入って行って・・、
 ヒンズー教徒の方々と共に・・、
 弱者救済活動を行なった。
 その行為が、そのことが・・、素晴らしい業績となっていますが・・、
 (注):
 世間には・・
 キリスト教のプロパガンダ・嘘宣伝だけが・・
 あまりにも声高に・・叫ばれているため・・、
 真実が・・隠されています。

 初めて、上記の文を・・読まれた方は・・
 驚かれたと思いますが・・、
 「真実は・・上記なのです」。
 キリスト教は・・、
 マザーテレサさんが、アメリカの映画に取り上げられ・・、
 脚光を浴びた事を知り・・、マザーテレサさんに着目し・・、キリスト教の・・「広告塔」にしました。
 そして、ヒンズー教の方たちを隠しました。
 ヒンズー教徒の方々は・・まったくと言ってよいほど、陰に隠れた状態に・・なってしまいました。
 それでも、インド政府は、マザーテレサさんを・・、
 国葬にして・・マザーテレサさんを讃えました)。
 そして・・、
 マザーテレサさんには、「別の業績」がありました・・、
 それは・・、
 「キリスト教の神は居ない」・・と、表明されたことでした。
 マザーテレサさんは・・、キリスト教の神の存在に悩んでいました。キリスト教の神は居ない・・と、
 本国の色々な司祭などに・・長い期間、悩みを打ち明け続け・・、
 そして、相談をし続けていました。
 その事実は・・隠されていました・・が、
 また、彼女のこの悩みである「キリスト教の神の不存在」は、「彼女の死に至るまで」・・続きました。
 彼女は、死ぬまで、キリスト教の神は居ないと悩んでいました。
 このキリスト教の神が居ないという事実を、公表する事が・・彼女の希望であったのでしょう、このキリスト教に『不利な事実』・「真実」が公表されました、キリスト教の神は居ない・・と・・、
 このキリスト教の神は居ない・・神の死は・・
 今、アメリカに・・、
 「神の死の神学」という人々が居ます。
 この方たちは・・、
 キリスト教の『神の不存在を主張」し・・、
 成熟した現代社会・世界の人々は・・、それで十分やって行けるのだと言っています。
 『古代に発生したキリスト教』・・、
 その様な時代の、古代人とは・・現代人は違う・・と、主張する・・方たちです。
 そして、マザーテレサさんは思っていたと思います・・、
 「神が居ない」と言い続けて、公表に至ったことは・・、
 その行為が・・「人類に貢献しうること」・・と、
 そう考えられて居られたから・・公表がなされました。
 また、『キリスト教の神の実在性を主張するそのものが・・人類にとってよくないこと・・よくないもの』・・と、
 マザーテレサさんが、そう考えられているから・・、この様な、行動が取られたのだと言えます。
.
 (参考)神の死の神学:
 ニーチェの言葉である・・「神は死んだ」は・・、
 1960年代になり、公民権運動が盛んな時代のアメリカの神学者たちも使うようになった。
 アメリカの神学者たちは・・、
 現代社会において神は・・、人間に・・、
 『リアルな存在ではない』・・・
 ・・という意味で、
 「神は死んでしまった」という意味で用いる。
 1957年に、
 アメリカの神学者ゲイブリル・ヴァハニアンは・・、
 『神は死んだ』と題した著書を著した。
 ヴァニハンは・・その中で・・、
 無神論を・・『アメリカの大衆の生き方である』・・と、述べている。
 アメリカ人の神学者・トマス・アルタイザーは・・、
 エモリー大学で教えている間に、『神は死んだか?』を出版する。
 また、アメリカの神学者のウィリアム・ハミルトンが、
 異なった立場から・・、
 1961年に、著書『キリスト教の新しい本質』で・・、
 異なった視点の・・『神の死の神学』を展開した。
 そして、神が居ないと自覚する事で・・、
 人間の主体性が、そして、自律性が・・とりもどされ、
 前の時代の・・神に拘束された非人間性から・・脱却でき・・そして、人間らしさが取り戻せる・・と。
               (参考:wikipedia)
.
(追伸)エボラ出血熱に貢献する「国境なき医師団」。
 この「国境なき医師団」へ、応援を、賜ります様、お願い申し上げます。
 寄金をするなら・・、
 キリスト教の伝道費用に多くの費用が消えるキリスト教系組織に寄金するより、『 国境なき医師団 』へ寄付してください。ノーベル平和賞も貰っています。
 キリスト教団体は宣教に多くの費用が消えます。
 『命を救うのに、理由なんていらない。国境なき医師団』。
 郵便局口座名義:特定非営利活動法人 国境なき医師団 日本・・へ。税優遇措置の対象となります。
 また、食糧が欲しい子供たちに十字架を配るキリスト教団体は反省してください。
 一粒でも食糧を多く子供達へ、そして、寄付をしてくれた方々の善意を大切にして下さい。
 また、宣教師派遣も多すぎます。
 教会建設には『絶対』使用しないでください。
 また、あなたたちキリスト教系の方たちは、テレビ・新聞・雑誌など、あらゆる所で宣伝し、多額の宣伝費用を使用し過ぎています。反省してください。 
 長時間のテレビの放送時間を買い切っての宣教放送は、超高額になるなど、あなた方は宣伝過多です。寄付金は大切に使って下さい。
 そして、寄付を募(つの)って、恵まれない子供を助けるという『善行為』が本来の目的なのですから、
 子供たちより、キリスト教の宣伝に精を出す組織から脱皮して下さい、
 そして、最近は、
 キリスト教を隠しているから注意をしよう。
 また、最近は、『NHKや放送大学』を巧妙に利用して宣伝しているから注意しよう。
..
 (詳しくは、以下のブログへ)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009 /

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/57100319

この記事へのトラックバック一覧です: 聖霊降臨後第10主日(特定15):

« 聖霊降臨後第9主日(特定14) | トップページ | 聖霊降臨後第11主日(特定16) »