« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

教会便り 6月号

事実から立ち上がる

 執事 セバスチャン 浪花朋久

教会の暦で611日は、使徒聖バルナバを記念する日です。新約聖書『使徒言行録』9章では、バルナバについて、次のような物語が記されています。

サウロ(後のパウロ)は、キリスト教徒たちを捕まえることに生き甲斐を感じていました。しかし、ある日、サウロに主イエスが現われたことでサウロは回心して、打って変わって主イエスのことを人々に伝えるようになったのです。そして、主イエスの弟子たちである使徒たちに面会しようとしたのですが、彼らはサウロが自分たちを「捕らえに来た」と言わんばかりに、サウロに恐怖します。このサウロを使徒たちで会わせるために、働いたのがバルナバだったのです。そして、使徒たちとの面会を果たしたサウロとバルナバは、主イエスの出来事を伝えるために、2人で旅に出かけるのでした。

この様なバルナバの働きなどを記念して「聖バルナバ保育園」に、その名が用いられたのです。

過去と今

過去の失態や失言などによって、悪い印象しか覚えられていない時があります。自分の中では、もう過去のことは解決しているのに、人は自分の過去を攻めるようにいつまでも覚えている。そのため「今」の自分を見てもらえず、悪い印象だけが一人歩きをしてしまう。世間は「失態を犯した、あなたが悪い」と言わんばかりに、誰も理解してくれない。この様な時、私たちは、解決策が見つからずに諦めざる得なくなってしまいます。しかし、本当に誰も今の自分を受け入れてくれないのでしょうか。

人を通して

バルナバは、なぜキリスト教徒を迫害していたサウロをいち早く信用することが出来たのでしょうか。バルナバを動かしたのは、私心ではなく主イエスへの信仰です。バルナバ自身を救ってくれた、主イエスは文字通り「分け隔て無く」人に接していました。つまり、私たちの傍にも「過去の自分」を受け入れてくれ、「今の自分」を大切してくれる人が、必ず現われるのです。そして、その出会いを通して、私たちは、過去の自分を受け入れてくるイエス・キリストに出会うことが出来るのです。

6月の教会行事予定

5日(日)10:30  聖霊降臨後第3主日 み言葉礼拝と陪餐 礼拝後 昼食会

6日(月) 9:30 保育園礼拝

7日(火)10:00 月報発送作業

8日(水)~10日(金) 教役者修養会(下関)

11日(土)11:00 使徒聖バルナバ日み言葉礼拝と陪餐

12日(日)10:30 聖霊降臨後第4主日 み言葉の礼拝

13日(月) 9:30 保育園礼拝

18日(土)10:00 広島平和礼拝実行委員会(広島)

19日(日) 10:30 聖霊降臨後第5主日 み言葉礼拝と陪餐 礼拝後 昼食会

20日(月) 9:30 保育園礼拝

      13:15 保育園職員会

24日(金) 19:00  洗礼者ヨハネ誕生日み言葉礼拝と陪餐

26日(日)10:30 聖霊降臨後第6主日 聖餐式 礼拝後 昼食会、定例教会委員会

27日(月)  9:30 保育園お誕生日礼拝

29日(水)1:00 使徒聖ペトロ・使徒聖パウロ日み言葉礼拝と陪餐


教会掃除:毎週土曜日9:00から(毎週第2土曜:掃除はお休み)

第2日曜日:浪花執事が松江・広瀬で礼拝奉仕のため、当教会での礼拝は、信徒の皆さんでおささげしま

2016年5月26日 (木)

5月29日の礼拝案内

5月29日(日)10:30から 聖霊降臨後第2主日

み言葉礼拝と陪餐
司式・説教:執事 セバスチャン 浪花朋久
礼拝後に教会ホールで、昼食会があります。
どなたでも、どうぞ~

神様は、あなたを待っている!!

2016年5月20日 (金)

5月22日の礼拝案内

5月22日(日)10:30 聖餐式
司式・説教:司祭 ヨシュア 長田吉史(広島復活教会牧師)
礼拝後、教会ホールで昼食会
※この日、浪花執事は、呉市にある呉信愛教会で礼拝奉仕となります。

初めの方でも、どうぞご参加ください。
神様が、あなたを待っている!

2016年5月19日 (木)

牧師館・庭の草刈り

Photo

牧師館の庭では、バラ、水仙、あじさいなどの花が植えられ、それぞれの季節にあった花たちが顔を出してくれます。しかし、雑草が多く生え、花々たちの顔を見ることが出来ませんでした。

そこで4月23日(土)に、信徒有志の皆さんによって牧師館庭の草刈り作業が行われました。ゴールデンウィークに入る前に牧師館の庭を綺麗にし、バラや水仙などの花たちが草に邪魔されずにすくすくと育っていく様子を見ることが出来るようになりました。

2016年5月15日 (日)

教会便り 5月号

言葉からの出会い

 執事 セバスチャン 浪花朋久

新約聖書の中にある『使徒言行録』の第2章では、イエスの12人の弟子たちが「聖霊」によって、全世界の言葉が喋れるようになりました。そして、弟子たちは各国の言葉を用いて、イエスの救いの出来事を全世界に伝えていくようになりました。この出来事を「聖霊降臨日」といいます。イエスのことが伝えられていったことから、聖霊降臨日は「教会のお誕生日」として、お祝いされます。そして、弟子たちによって伝えられたイエスの出来事は、世界各国の言葉で次第に「聖書」に記されるようになりました。そして、私たちは、聖書の言葉やクリスチャンの人々の言葉を通して、イエスと出会うことが出来るのです。

「芥川賞」と「本屋大賞」から

 何でもデジタル化されつつある現代で、若い人々の文字離れが懸念されています。その反面、昨年の芥川賞には、お笑い芸人が初めて受賞されました。また、本屋さんたちの投票によって選ばれる、今年の本屋大賞では、妊娠中に小説家となった方の作品が選ばれたり、と若い世代や女性たちから支持される人々によって、言葉の素晴らしさが伝えられています。これらの言葉を読んだ人々によって、その作品の面白さや感動が、人から人へと伝えられていきます。特に最近では、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)によって、自分が伝えたい情報をいち早く文字にして友人たちに伝えることができます。

このように、どれだけデジタル化が進んだとしても、言葉によって感動が与えられ、その喜びを言葉によって伝えているのが、私たちの生活の中で起こっていることなのです。

言葉に助けられる

 イエスの弟子たちは、イエスの出会いの喜びを多くの人々に語るまでに時間がかかりました。それは、イエスのことを誰かに話すと「いじめられるのではないか」と思ったからです。しかし「言葉にしていじめられるもの」が2000年以上も伝え続けられるのは、なぜでしょうか。それは、イエスの言葉に助けられることが多いからです。弟子たちも、イエスの言葉に助けられたからこそ、恐れずにイエスのことを世界へ伝えていったのです。

イエスの言葉に出会う、ということは、神様と出会う、ということです。この神様の言葉と出会った私たちも、その喜びを隣の人に伝えていけば、と思います。

イースター礼拝!

去る3月27日(日)に、イースター礼拝が浪花朋久執事司式のもと執り行われ、教会信徒の皆さんとご家族、保育園の職員の皆さんなど約40名が集まり、イエス・キリストのご復活をお祝いすることができました。
礼拝後には、教会ホールで祝会が行われ、交わりの時を持つことができました。Cimg3439
 

定住牧師誕生!

こんにちは。
4月から浜田キリスト教会に定住することになりました。
浪花朋久です。

神戸生れの神戸育ちの32才。皆さんと一緒に教会で交わりの時を持ちたいです。
よろしくお願い致します。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »