« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

教会便り 1月号

分断と一致

執事 セバスチャン 浪花朋久

先日、ある学校のクリスマス礼拝に招待されました。この礼拝でお話しされたのが、沖縄でアメリカ軍基地撤廃活動をされておられる方です。この方は「人が集まって何かをしようとする時に、必ず起こってしまうことが分断です」と、活動中に様々な人々の「我こそが正しい」という意見の衝突のために、不必要な争いが仲間同士で起こったことを語られました。「正しいこと」を行なっているつもりでも、自分と全く違う考え方を受け入れられないのが、人間の弱さなのかもしれません。

招きの拒否

新約聖書の中で、イエスはファリサイ派などの宗教指導者や政治家たちから論敵と見なされていました。ファリサイ派たちは、これまで自分たちが正しいと思っていた神様からの教えを利用して、人々から人気を集め、何不自由ない生活を送ってきました。しかし、イエスが人々に、ファリサイ派たちの教えを超える神様からの新しい教えを語っている姿を見て、自分たちの生活が危機にさらされていることを恐れたのです。その結果、彼らはイエスを殺そうと何度も企んだのです。イエスに自分たちの考え方が否定されることによって「自分たちの生活が崩される」と感じていたからです。しかし、イエスがファリサイ派たちに伝えたかったことは「一緒に神様の教えを行なおう」という招きだったのです。つまり、イエスは「立場は違えど、神様が喜ぶために、一緒に生きよう」とファリサイ派たちを招いておられたのです。

誰のために

人間は何かを起こそうとするとき、必ず分断されます。しかし、イエスが行なったのは、分断のままで終わるのではなく、歩み寄ることでした。「自分が正しい」「自分の考えの方が、神様に喜ばれるはず」と思ってばかりでは、何も解決しません。「こうしたら神様が喜ぶと思うのだけれど、あなたはどう思う?」という招きの言葉を掛け合うことで、私たちは神様と人間が一緒に喜び合える世界、神の国へ向かうことが出来るのです。

2017年、私たちは新しい年を歩もうとしています。神様の声を聞くために、他者の想いを聞くことで、喜びが増す1年となるように、歩んでいければ、と思います。

2016年12月30日 (金)

1月の教会行事・礼拝

1日(日)10:30 主イエス命名の日

(み言葉礼拝と陪餐)

6日(金)19:00 顕現日

        (み言葉礼拝と陪餐)

8日(日)10:00 山陰伝道区合同礼拝

        (於;米子)

      10:30 顕現後第1主日

                        (み言葉礼拝)

      13:00 山陰伝道区会(米子)

13日(金)17:00 事務所会議(神戸)

15日(日)10:30 顕現後第2主日

(み言葉礼拝と陪餐)

16日(月) 9:30 保育園礼拝

13:15 保育園職員会

2日(日)10:30 顕現後第3主日

                         (聖餐式)

3日(月) 9:30 保育園お誕生日礼拝

25日(水)19:00 使徒聖パウロ回心日

                        (み言葉礼拝と陪餐)

29日(日)10:30 顕現節第4主日

                        (み言葉礼拝)

30日(月) 9:30 保育園礼拝

 

第2・第5日曜は、浪花執事が不在のため、当教会の礼拝は、信徒の皆さんでおささげします。

2016年12月29日 (木)

祝!クリスマス!!

Photo
 12月24日(土)19時から、クリスマス・イブ礼拝が行なわれました。イエス・キリストがお生まれることが記された聖書を読み、聖歌を歌ってクリスマスの前夜祭にお祈りをおささげしました。


Photo_2  
 翌25日(日)10時半からクリスマス礼拝が執り行われ、保育園職員や近隣の方など、約50名近くの方々が教会にお越しくださり、イエス・キリストの誕生日を一緒にお祝いすることが出来ました。
 礼拝後、教会ロビーでクリスマスの祝会が行なわれ、皆で鍋をつつきながら2016年最後の日曜日であるクリスマスを過ごすことが出来ました。

2016年12月13日 (火)

クリスマスのご案内

☆12月24日(土)クリスマス・イブ礼拝☆

午後 7時00分 

~ 七つの聖書日課とキャロルによる夕の礼拝 ~

 司式・説教 セバスチャン 浪花朋久 執事

    *礼拝後、茶話会(教会ロビー)

 

☆12月25日(日)クリスマス礼拝☆

午前 0時00分 み言葉礼拝と陪餐

  司式・説教 セバスチャン 浪花朋久 執事

     *礼拝後、茶話会(教会ロビー)

 

午前10時30分 み言葉礼拝と陪餐

   司式・説教 セバスチャン 浪花朋久 執事

*礼拝後、教会ロビーで闇なべを頂きながら、クリスマスをお祝いしましょう。

2016年12月 5日 (月)

教会イルミネーション

Photo_2
 12月に入り、教会ではクリスマスを迎える準備のため、飾り付けを行ないました。教会の鐘つき塔には、イルミネーションを。聖堂には、飾り付けを行ないました。
Photo_3

 聖堂の入り口には、クリスマスまでの日曜日ごとに火を点すロウソク「アドベント・クランツ」や松ぼっくりで作ったクリスマス・ツリー(写真)を置いています。

2016年12月 1日 (木)

教会便り 12月号

迫り来る神

 執事 セバスチャン 浪花朋久

教会の暦では1127日から、クリスマスの準備期間である「降臨節(アドベント)」に入りました。「アドベント」には「だんだん近づいてくる・迫ってくる」という意味があります。

「他人」を追い払う

 クリスマス物語の中で、東方の博士たちがヘロデ王の下に来て「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。」(マタイ2:2)と尋ねます。自分より優れた王がこの世に現われるということは、ヘロデの価値観が崩れてしまうことを意味します。そこで、ヘロデがとった行動が、国内の二歳以下の男子を全員殺すことでした。近づいてくる新しい王様が、この世に神様と人々が一緒に喜び合える世界を実現するためにお生まれになった神の子であったとしても、ヘロデは「迫ってくる他人」として、イエスを受け入れることが出来なかったのです。

 同じように、私たちは、自分の全く知らない「他人」が近づいてくると、迎えることが出来ません。それは、心の奥で「他人は自分に冷たく、自分の価値観を認めない存在」だと思ってしまうからです。そのため「出来れば『他人』と関係をもちたくない」と思ってしまいます。しかし、他人は勝手に私たちに近づいてきます。そして、私たちは、その他人を追い払おうとしてしまうのです。それは、自分の価値観や考え方が崩れてしまい、今までと違った生き方をしなくてはならない、と思うからです。しかし、この「他人」こそがイエスなのです。「自分だけが楽しければ良い」と思っていた自己中心的な生き方を、神様と私たち人間が一緒に喜び合える生き方、つまり「他人と一緒に」喜び合える神様中心の生き方へと変えてくださる。そのためにイエスは、この世界にお生まれになったのです。

恐れるな

 ヘロデの様に、自分の生き方や価値観を否定するものを追い払うことで、自分だけが安定した生活を送ろうとすることが人間の弱さです。しかし、神様はイエスをこの世にお与えになることで、価値観や考え方の違う人と一緒に、喜び合えることを私たち人間に教えてくださいました。これが「隣人愛」です。そして、私たちは「他人」を受け入れる準備をする、つまり生き方を変えることを恐れないことが、近づいてくるクリスマスを迎える最高の準備なのです。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »