« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月30日 (日)

5月の行事・礼拝予定

1日(月)19:00 使徒聖ピリポ・使徒聖ヤコブ日

         (聖餐式)

7日(日)10:30 復活後第4主日

         (聖餐式)

                礼拝後:川本町へ遠足

13日(土)10:00 広島平和礼拝実行委員会

14日(日)10:30 復活後第5主日

           (み言葉の礼拝)

16日(火)19:00 昇天記念聖餐式

17日(水)10:30 山陰伝道区会計担当者会

                           (米子)

20日(土)11:00 浪花司祭・井原由紀姉

           聖婚式(神戸)

21日(日)10:30 復活後第6主日

                           (み言葉の礼拝)

23日(火)~24日(水)神戸教区婦人会大会(神戸)

28日(日)10:30 昇天後主日

                           (聖餐式)

 礼拝後:定例教会委員会

2017年4月17日 (月)

祝!イースター!!

Photo

 去る4月16日にイースター(復活日)の聖餐式が、浪花朋久司祭司式のもと執り行われました。当日は、保育園の関係者を教会に来られ約40名でイエス・キリストのご復活のお祝いのお祈りをおささげすることが出来ました。また、礼拝後には教会ロビーで復活日の祝会を開き、交わりの時を持つことが出来ました。
 
またイースター前の木曜には、最後の晩餐を記念する聖木曜日の聖餐式。金曜日にはイエス様の十字架を覚える聖金曜日の礼拝がそれぞれささげられました。
 
 ※イースター(復活日)とは、イエス・キリストが十字架にかかって死に、3日後に復活したことを記念する礼拝です。


2017年4月 3日 (月)

イースターのご案内

新約聖書でイエス・キリストの生涯について記されている『福音書』という書物には、イエス・キリストが十字架の死から3日後に復活したことが記されています。

キリスト教で「復活(イースター)」とは、人間の苦しみ(十字架)がキリストの復活によって解放されて、新しい人生を歩むことができる。つまり、キリストの復活によって、私たちが生まれ変わる(Reborn)ことが出来ることを意味しています。

すべてのキリスト教は、キリストの復活を覚えて復活日のお祝いを致します。浜田キリスト教会でも下記のとおり礼拝を行います。皆様とご一緒できれば幸いです。


 

☆4月13日(木) 午後7時

聖木曜日聖餐式(ミサ)

※最後の晩餐を記念する礼拝です。

司式:司祭 セバスチャン 浪花朋久

 

☆4月14日(金)昼12時から

聖金曜日礼拝

※キリストが十字架に付けられたことを覚える礼拝です。

司式・説教:司祭 セバスチャン 浪花朋久

 

  ☆4月16日(日)復活日 聖餐式(ミサ)午前10時30分から

司式・説教:司祭 セバスチャン 浪花朋久

*礼拝後、教会ロビーで祝会を行います。

    どうぞ、ご参加ください。

2017年4月 1日 (土)

教会便り 4月号

過去・現在・未来

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

先日、ある方がこんなことを仰っていました。「自分の評価というのは、過去に自分が行ったことが『ある時』に必ず現われます。私たちは『その時』を受け止めながら人生を歩まなければならないのです。」過去の自分の言動が、どこかの時点の「今」に自分に現われ、それを受け入れられるか否かによって自分の未来が変わっていくのかもしれません。いわゆる「人生のターニングポイント」です。

塩の柱

旧約聖書『創世記』に「ソドムとゴモラ」という物語があります。ソドムとゴモラという街に住む人々は皆、神様のことを信じないで神様が嫌うことを善いことと思い生活していました。そこで神様は、ソドムとゴモラを滅ぼすことを決意されるのですが、神様のことを信じていたロトという人物の一家だけを助けるために「命がけで逃れよ。後ろを振り返ってはいけない。さもないと滅びることになる。」(創世記1917節)と助言し、ロトと妻、そして二人の娘をソドムの街から脱出させます。そして、ソドムの街が天から降ってきた硫黄の火によって滅ぼされます。その時、ロトの妻は神様の言いつけを無視して後ろを振り返ってしまい、塩の柱となってしまったのです。

「振り返る」とは、過去に縛られていることを意味しています。過去、自分が一番輝いていた時代のことを思い出して、談笑することはとても良いことですが、過去の輝きばかりに心奪われてしまい、未来へ進むことが出来ない時。あるいは過去の自分を今へと変化することが出来なくなってしまう時、私たちに待っているのは滅びなのかもしれません。それは、私たち人間が一秒たりとも過去に戻ること出来ないからです。そして、過去の自分の評価が「ある時」自分を襲います。この評価を受け止められるか、という問題に人間は必ずさしかかるのです。

神様の時

しかし、自分の過去の失敗を喜びに変えられる方法が一つだけあります。それがキリストの復活を信じることです。2000年前に死に、3日目に復活したキリストは、時空を超えて、私たちの過去の失敗や欠点を十字架に背負ってくださり、そして、その辛さを死によって討ち滅ぼし、復活されました。この復活の奇跡を信じることで、私たちは新しい人生、新しい自分として再び人生を歩き出すことが出来るのです。つまり、老若男女問わず、誰にでも起こる人生のターニングポイントこそキリストと出会うこと最大のチャンスなのです。そして、私たちは過去の自分に振り返らないで、未来を見つめながら歩むことが出来るようになるのです。過去の呪縛から解放されること。これこそが復活なのです。

« 2017年3月 | トップページ