« 5月の行事・礼拝予定 | トップページ | 教会の学びの場 »

2017年5月 1日 (月)

教会便り 5月号

時空を超える力

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

教会の暦で5月25日は「昇天日」です。この日は、十字架の死から復活したイエス・キリストが天に昇られたことを記念する礼拝をおささげする日です(当教会では、5月16日19時より)。「昇天」とは、この世の時間が終わったので「天に昇る」ということではありません。「天」とは、神様が時間・空間を超えて支配される領域のことを意味しています。つまり、イエスは時間と空間を超えて現代を生きる私たちに救いをお与えてくださっているのです。

アウシュヴィッツの痛み

2年前にポーランドへ行ったときのことです。戦後70周年ということもあり、アウシュヴィッツ強制収容所へ見学に行きました。今から71年前のアウシュヴィッツでは、自動車工場で毎日ロボットが車を作っているようにナチス・ドイツの兵士たちによって毎日、ユダヤ人が機械的に虐殺されていたのです。また収容されたユダヤ人たちは虐殺されるだけではなく、虐殺された遺体はすぐに焼却されて、遺骨はありとあらゆる場所に無作為に散骨されました。そのため、今でもポーランド国内のどの土地に誰の遺骨があるのか特定することができないのです。アウシュヴィッツで虐殺されたユダヤ人たちの多くは、死してなお苦しめられているのです。

アウシュヴィッツから車で10分のところに、カトリックのビルケナズ教会があります。この教会には、祭壇にとても大きな鉄の十字架が設置されています。この鉄の十字架は、アウシュヴィッツで71年前に使用されていた鉄を溶かして作ったもので、アウシュヴィッツで虐殺された人々の痛みを、時空を超えてイエスが共に苦しんでくださっていることが象徴されているのです。つまり、ビルケナズ教会の十字架は神様が人間の痛みを、時空を超えて知ってくださっている証拠なのです。

時を超えて

イエスの十字架と復活の出来事は、過去の話で終わっているのではありません。現在を生きる私たちにとって「今」の出来事なのです。イエスが復活後に昇天されたのは、すべての人々が人生の中で経験する痛みを、時空を超えてイエス自身が知ってくださるための神様の業なのです。

« 5月の行事・礼拝予定 | トップページ | 教会の学びの場 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/70373743

この記事へのトラックバック一覧です: 教会便り 5月号:

« 5月の行事・礼拝予定 | トップページ | 教会の学びの場 »