« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

教会便り10月号

カウントダウン

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

 先日、スーパーへ買い物に行った時に、「広島カープ、リーグ優勝までマジック1」という看板を見つけました。プロ野球のチームが優勝すると安売りをするということです。優勝のタイムリミットは勝利1つ。しかし、天候によって試合が延びたり、負けが続いてしまえば優勝の時間も延びてしまいます。短いようで長い「タイムリミット」が私たちの生活の中にもあるのです。(ちなみに広島カープは9月18日に優勝しました。)一方、人間は生まれたその日から人生のカウントダウンが始まります。若い時は、まだ来ないであろう「終わりの時」を考えずに毎日を過ごしますが、年を重ねることで人生のカウントダウンを意識しすぎてしまうこともあります。

再び来られるキリスト

新約聖書『使徒言行録』第1章11節に、「あなたがたから離れて天にあげられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる。」と記されています。天に昇られたイエス・キリストは、再びこの世界にやってくると言うことです。しかし、それがいつなのかはわかりません。当時の人々は、イエスがいつ来るのか分からないこと対して、自分が生きている間にイエスが再びこの世界に来るのだろうか、と不安を感じるようになりました。教会のリーダーの一人である使徒聖パウロは、イエスが再び来られるときは「盗人が夜やってくるよう」(Ⅰテサロニケ第5章2節)と喩えて、「イエスが突然来る」と人々に伝えています。また、イエスが来られる前に世を去った人々のことについては、「神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。」(同4章14節)と語ります。つまりイエスを救い主だ、と信じて世を去ったとしても、イエスが再びこの世界に来られるときに世を去った人々も復活して、生きている人と共にイエスに出会うことができる、ということです。

「今」と「未だ」の間

 人間は、「今」と「未だ」の間を生きることで自分に必要なことを探します。この間を焦りながら生きる必要はありません。神様は、私たちに準備の時間を与えてくださっています。だからイエスは「まだ」来られないのです。突然来られるイエスを前にしても、「あぁ、これでよかったのだ」と自分だけではなく、他者と一緒に喜び合える人生を送ることが、イエス様に会うために必要な生き方なのです。イエス様が再び来られる日までのタイムリミットを満喫しながら生きていければ、と思います。

2017年9月27日 (水)

10月の礼拝・行事予定

1日(日)10:30 聖霊降臨後第17主日 聖餐式

8日(日)10:30 聖霊降臨後第18主日 み言葉の礼拝

14日(土)~15日(日)山陰伝道区修養会

15日(日) 9:00 修養会ミニ・バザー

  10:30 聖霊降臨後第19主日 聖餐式

       11:40 山陰伝道区会

18日(水)19:00 福音記者聖ルカ日聖餐式

22日(日)10:30 聖霊降臨後第20主日 聖餐式

28日(土)19:00 使徒聖シモン・使徒ユダ日聖餐式

29日(日)10:30 聖霊降臨後第21主日 聖餐式

31日(火)19:00 諸聖徒日前夕聖餐式

第2日曜日:牧師が不在のため、当教会での礼拝は信徒の皆さんでおささげ致します。

2017年9月25日 (月)

主教按手式

01

 9月23日(土)に神戸教区主教按手式が神戸聖ミカエル大聖堂で執り行われ、小林尚明師が主第8代目神戸教区主教に按手されました。日本聖公会の聖職・信徒・関係者、他教派の方々などが集まり、共に主教按手のための祈りがささげられました。


2017年9月18日 (月)

神戸教区主教按手式インターネット生中継のご案内

9月23日(土)10:30から神戸教区主教按手式が神戸聖ミカエル大聖堂で執り行われます。また、同日には日本聖公会神戸教区のホームページで主教按手式をインターネット生中継致します。

 

日本聖公会神戸教区のホームページはこちら⇒http://www.nskk-kobe.org/

キリスト教の礼拝に興味がある、という方も是非ご覧ください。

2017年9月 7日 (木)

伐採作業

01
 

教会北側に生えていた樹木が建物の高さを超えていたので、業者に依頼し伐採していただきました。その際に他の伸びた樹木や草刈りをしてくださったので、北側の斜面が見違えるほど美しくなりました。

02

2017年9月 6日 (水)

スズメバチの巣の駆除

Photo
 8月末、教会敷地内にスズメバチの巣が発見され、業者の方に駆除していただきました。人の出入りが多いので、夜7時半の作業となりました。駆除された蜂の巣は20センチ程度あったそうです。
 業者の方によると、スズメバチは8月末から巣作りを始めるそうでこの週は大忙しだったそうです。

2017年9月 1日 (金)

教会便り9月号

世界の中心

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

 8月に広島と兵庫県佐用町へ出張に出かけました。その際に新しい出会いもあれば、懐かしい顔ぶれに再会することもありました。その時に、「教会の大きな行事の度に、新しい出会いもあれば、懐かしい顔ぶれに再会することを嬉しく思う反面、学校の同級生や会社の同僚たちとは、また違った不思議な感覚を覚える」ということを耳にしました。教会の友人たちが大切な仲間ではあるのですが、学校や会社、あるいは地域の友人関係とは、また一つ違った感覚を持てるのが「教会」という場所なのだ、ということを再確認できた気がしました。

初代教会の苦難

 今から約2000年前の教会では、「兄弟があなたに罪を犯したなら・・・」(マタイによる福音書第18章15節)という聖書の言葉があるように、教会内で信徒同士の争いがあったようです。「罪」とは「的外れ」という意味があります。しかし、この「的外れ」の主語は「神様から見た」ということです。人間の意思で「罪」を決めるのではなく、神様の目から見たもの、つまり「教会」という共同体が「イエス・キリストを中心に集まれない状態」になった時に、その罪が明らかになるのです。先程の聖書の言葉は、教会でイエスのことを忘れて、自分たちの都合良い仲間だけの集会が行われることが現実に起こったので、同じような罪を犯さないように私たちに警告しているのです。 

不思議な感覚の正体

教会は、イエス・キリストを中心に神の民が集まる場所です。そこには善人も悪人も集まることができます。なぜなら神様は全ての人を教会に招いているからです。人間の善し悪しで、教会に来る人を決めることはできません。先程のように、教会の仲間が「学校の同級生や会社の同僚とまた違った不思議な感覚」を持つのは、教会では人間の意思ではなく、神様の意思によってイエスを中心に人々が集められるからです。だから世間の集まりと違った感覚になるのです。この「不思議な感覚」こそが、神様が全人類を一つの場所に集めてくださる神の国の感覚なのです。つまりキリストを中心にすれば、世界は一つになれるのです。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »