« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

5月の礼拝・行事予定

6日(日)10:30 復活節第6主日聖餐式

7日(月) 9:15 保育園礼拝

8日(火)11:00 石見地区牧師・司祭会

(益田市)

9日(水)10:30 初めての方向け聖餐式

(昇天記念)

13日(日)10:30 復活節第7主日聖餐式

14日(月) 9:15 保育園誕生日礼拝

16日(水)11:00 伝道区会計担当者会

(米子市)

20日(日)10:30 聖霊降臨日聖餐式

礼拝後 春の遠足(川本町)

21日(月) 9:15 保育園礼拝

23日(水)19:00 初めての方向け聖餐式

     (使徒聖ピリポ・使徒聖ヤコブ記念)

27日(日)10:30 三位一体主日聖餐式

28日(月) 9:15 保育園礼拝

 

※ 毎週土曜日9時から教会掃除

お掃除のご奉仕をしていただける方、ご協力をよろしくお願いいたします。

2018年4月 9日 (月)

牧師就任式

Photo_2

4月8日(日)、浪花司祭の牧師就任式が小林尚明主教司式のもと執り行われました。当教会に定住牧師が就任したのは5年ぶりのことです。就任した浪花司祭は兵庫県出身の34歳。今年の3月まで副牧師として当教会に勤務していました。

牧師がいる浜田キリスト教会へいつでもお越しください。お待ちしております。

地震経過

4月9日(日)午前1時32分に発生した地震は浜田市内でも震度4を観測されました。幸い当教会や近隣に被害はありませんでした。

 

2018年4月 4日 (水)

祝!イースター(復活日)!!

01
 4月1日にイエス・キリストが十字架の死から3日後に復活されたことを記念するイースター聖餐式が浪花朋久司祭司式のもと執り行われました。当日は保育園の関係者や久しぶり教会へ来られた方々など約35名でイエスの復活のお祝いのお祈りをおささげすることが出来ました。また、礼拝後には教会ロビーでイースターの祝会を開き、交わりの時を持つことが出来ました。
 2018年度が皆様にとって素晴らしい1年となりますように、お祈り致します。


2018年4月 1日 (日)

教会便り4月号

新たなる希望

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

春になり、新しい生活をスタートされる方も多いと思います。新しい生活の中には、私たちが今まで知らなかったことや快く思わないことを受け入れなければならない現実が待っていることもあります。先日あるTVドラマで、登場人物が「私は今まで自分が知らないことを排除することで生きていました。」と語る場面を見ました。知らないものを排除することは簡単です。どれだけ時代の波に乗った考え方でも、今までの自分を変えることが面倒なので「知りたくない」と思ってしまうのは、人間の弱さでもあるのだろう、と考えさせられる台詞でした。

嫌なものを排除する

 聖書の中でも嫌なことから逃げようとする人々が多く登場します。その最たる例がイエス・キリストが直接任命した弟子、使徒たちです。使徒たちは自分たちを救いへ導いてくれると期待していたイエスが逮捕され、十字架にかかって死刑となったことを目の当たりにしました。しかし彼らは人々から「イエスと一緒にいた」と知られると、自分たちも拷問を受けて殺される、と恐れたのでイエス様を見捨てて逃げ去ったのです。そしてイエスの十字架の死から3日間、家に鍵をかけて隠れていました。使徒たちにとってイエス不在という新しい生活は、イエスを見殺しにしたことと自分たちが殺されるかもしれない、という受け入れたくない現実から始まったのです。しかし、彼らの前に復活したイエスを目撃したマグダラのマリアから「ガリラヤへ行くように」に伝えられます。彼らがガリラヤへ行くと復活したイエスが待っていたのです。そして、世界中にイエスの教えと人々に洗礼を授けるという使命を使徒たちに与えられたのです。このようにして、使徒たちは受け入れられなかった現実を受け入れ、死を恐れない新しい自分として新生活をスタートさせたのです。イエスを見殺しにした使徒たちにとって復活のイエスとの出会いは、自分の弱さを受け入れるという新たなる希望を持つことだったのです。

新しい自分へと復活する

 新生活は希望と期待が大きい反面、その反動も大きい場合があります。しかし恐れることはありません。新しい生活で出来ないこと、受け入れられない現実に直面した時こそ、私たちは新しい自分へと変えられるチャンスの時なのです。そこで自分の弱さを排除せずに、受け入れましょう。使徒たちが自分たちの弱さを排除しながらも、イエスが受け入れてくださったように、あなたを受け入れてくれる人は必ず存在します。この新たなる希望を胸に新しい生活を歩んでいきましょう。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »