« 西日本豪雨ボランティア報告 | トップページ | ボランティアセンター閉所式 »

2018年9月 1日 (土)

教会便り9月号

誰がために鐘は鳴るのか

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

 8月、徳島市で夏の風物詩である阿波踊りの「総踊り」が強行されました。もともと「総踊り」は、4日間行なわれる阿波踊りの最終日、様々な団体が団結して年に1度だけ行なわれる全国的にも有名な行事です。しかし今年は、様々な理由から市長がこの「総踊り」を中止することを決意しました。市長には市長なりの意見があったようですが、毎年行なわれていた行事のいきなりの「中止」に市民は納得できませんでした。その結果「総踊り」は強行されたのです。市民と市長の意見が阿波踊りのために真っ二つになってしまう、こうなると「総踊り」は、いったい誰のためのものなのか、とも思えてしまいます。

独り占め

 今から2000年前、教会が誕生したばかりの時代、教会はどの様にして人々を教会に招いたと思われますか。偉い牧師や立派な信徒さんが頑張ったと思われるかもしれません。実は、教会に人々を招いていたのは無学な一般信徒だったのです。彼らは自分たちがイエス・キリストと出会ったことで、自分の苦しみを理解してくださる神様の存在を知り信仰に入りました。そして自分たちが救われたことを喜び、その喜びを洗濯場や市場などの世間話の中で語ったのです。つまり神様からの救いを独り占めすることなく、喜びを他の人にも分けようとしたのです。

 イエス自身、この世に来られたのはご自分の意志ではなく「わたしをお遣わしになった天の父の意志」と語られました。十字架の死と復活は、イエスの意志ではなく神様の意思であり、自分をこの世に示すためではなく、全ての人の苦しみと悲しみを理解し、それから解放するためだったのです。「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命をささげるために来た」(マルコ10章45節)とあるように、イエスは自分のためではなく神様と他者のためにこの世に救いをもたらしたのです。

祈りの中心とは

 教会の鐘は、人々に礼拝の始まりを知らせる大切な合図です。しかし祈りに来る一人ひとりが自分のためだけに祈りをささげているのなら、本当に救いがあるのでしょうか。教会の中心は「私」ではなく「キリスト」です。イエスは、どれだけ私たちの人生の経験を持ってしても超えられない救いです。私たちは誰のために祈り、誰のために生きるのでしょうか。

« 西日本豪雨ボランティア報告 | トップページ | ボランティアセンター閉所式 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/74067399

この記事へのトラックバック一覧です: 教会便り9月号:

« 西日本豪雨ボランティア報告 | トップページ | ボランティアセンター閉所式 »