« 12月の礼拝・行事予定 | トップページ | クリスマス飾り付け »

2018年12月 1日 (土)

教会便り12月号

クリスマスプレゼント

 司祭 セバスチャン 浪花朋久

 「プレゼント」という言葉の価値が少しずつ変わっているように感じるお話を耳にしました。「贈り物(プレゼント)をもらうと、お返しをしなければならない。」「頂くのは嬉しいけど、返すのが大変だから、贈り物はいただかないほうが有り難く思う時がある。」というものです。貰うのは嬉しいけれども、返すのはそれ以上に精神的や経済的な負担が大きいから疲れるということなのでしょうか。こうなるとプレゼントを贈る側も贈られる側もドキドキやワクワクといった感覚がなくなり、誰にも何も与えない方がよいのではないだろうかと考えてしまうかもしれません。

お返し不要のプレゼント

 新約聖書『マタイによる福音書』のクリスマス物語では、東方から占星術の学者たちが、新しい王の誕生をお祝いするために、生まれたばかりのイエス様のもとを訪れます。彼らは生まれたばかりの幼子イエス様に、黄金、乳香、没薬のプレゼントを献げます。しかし聖書には彼らがプレゼントを献げたことは書かれているのですが、イエス様や両親のマリアとヨセフからの御礼があったとは書かれていません。また学者たちは、プレゼントを渡すとすぐに自分たちの国へ帰っていきました。新しい王様にプレゼントしたのですから、何らかの見返りを求めたとしても不思議ではありません。しかも聖書には、これ以降学者たちが登場しませんし、イエス様が貰ったプレゼントをどうしたかということも記されていません。そこに「Give and Take」という考え方はないのです。なぜなら学者たちにとって、この世の苦しみを一人で負う神様からの使命を受けた新しい王であるイエス様がお生まれになったことが、何よりの喜びだったからです。

無償の愛

 プレゼントを贈られるととても嬉しいものです。また贈る方にも喜んでいただけると尚更です。プレゼントは、お互いが喜び合えるために贈る私たちの目に見える愛の形でもあります。幼子イエス様は、私たち人間を苦しみから解き放つためにお生まれになりました。しかし私たちは、幼子イエス様というプレゼントを「お返しをしなければならないから、いらない」と拒否するのでしょうか。イエス様に直接、プレゼントをお返しする必要はありません。私たちに与えられた「苦しみから解き放たれる」という奇跡を信じることで、私たちは既に幼子の愛に応えているのです。

 無償で与えられるものが、自分を苦しみから解き放ってくれるもの、その大きさに気づいたとき、私たちは本当のクリスマスプレゼントの喜びを感じることが出来るのです。

 

« 12月の礼拝・行事予定 | トップページ | クリスマス飾り付け »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178117/74635184

この記事へのトラックバック一覧です: 教会便り12月号:

« 12月の礼拝・行事予定 | トップページ | クリスマス飾り付け »