« 4月の礼拝・行事予定 | トップページ | 平成最後のイースター »

2019年4月 1日 (月)

教会便り4月号

人格と品格

  司祭 セバスチャン 浪花朋久

 3月21日に神戸聖ミカエル大聖堂で聖職按手式が盛大に執り行われ、一人の新司祭と一人の新執事が誕生しました。牧師になる人は、「神様から特別な祝福をもらった人」とよく言われることがあります。しかし牧師全員が超人的な能力を持っているわけではありませんし、人によって才能や学力も様々です。この様に、人によって才能や能力が異なることは聖職者だけに留まらず、多くの人々にも当てはまることです。自分の才能や能力を自覚した上でいざ新しい生活が始まると、今までの能力だけでは通用しない場合もあります。この現実を知ると、自分が不甲斐なく感じることもあるでしょう。

誰が決めるのか

 使徒聖パウロは、新約聖書『コリントの信徒への手紙Ⅰ』12章で、教会の中に様々な能力を持った人々がいることを記しています。「第一に使徒、第二に預言者、第三に教師、次に奇跡を行う者、その次に病気をいやす賜物を持つ者、援助する者、管理する者、異言を語る者などです。」ここでは、有能な人物は一人だけではないということがわかります。大きなことが何も出来なくても、備品を管理する小さな奉仕や仕事や援助も大切な能力の一つなのです。しかし私たちは、時折高い能力だけに注目して低い能力を否定的に見がちです。そもそも能力の「高い・低い」は誰が、そしてどの様な基準で決めているのでしょうか。聖パウロが語っているのは、能力の高い低いではなく、一人ひとりに神様から与えられた力があるということです。一方で私たちは、与えられた力だけを見るのではなく、他者の能力を比較しがちです。しかし自分が、他者から能力が低いと決めつけられるとどう思われますか?少なくとも良い気持ちにならないはずです。大切なのは、能力を比較することではなく、自分に「与えられた力」に気づくことなのです。

弱い人は必ず受け入れられる

 主イエスが十字架にかかった後、使徒たちは「次は自分たちが十字架にかけられる」と思って逃げ出しました。彼らの恐怖は、彼らの能力が低かったからでしょうか。そうではありません。主イエスは、ご自分の復活を弱い使徒たちに最初に目撃させました。自分の能力の低さに落ち込んだりすることはあります。しかし私たちには、私たちにしか出来ないことがあるのです。あなただけに与えられた神様の力を胸に、春を過ごしていきましょう。

« 4月の礼拝・行事予定 | トップページ | 平成最後のイースター »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月の礼拝・行事予定 | トップページ | 平成最後のイースター »