« 5月の礼拝・行事予定 | トップページ | 6月の礼拝・行事予定 »

2019年5月 1日 (水)

教会だより5月号

わたしたちの時代

  司祭 セバスチャン 浪花朋久

 「私たちの時代は、こうだった」という言葉を、自分より下の世代の人々への説教で使うことがしばしばあるかと思います。しかし若い世代の人々は、自分たちの考え方こそが正しいと思ってしまい、世代の溝は深まるばかりです。どちらの時代の考え方も「その時」は正しいのですが、「その時」が過ぎてしまうと次の世代の人々へは理解されず、「その世代」の人々にしか適応できなくなってしまうこともあるのだと思います。そして誰もが「私たちの時代」という言葉をもって、他の世代の人々に押し付け合うことで、世代を超えた話し合いができなくなってしまうのではないでしょうか。

今あるもの

 新約聖書『マタイによる福音書』第17章には、イエス様の弟子たちが悪霊を追い出せなかった事に対して、イエス様が「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか。」(マタイ17章17節)と、時代を嘆かれる場面があります。しかしイエス様は、その後に「昔の方がよかった」ということを仰いません。イエス様は、ご自分がこの世を去った後(昇天した後)、誰も篤い信仰を持てないのではないかと嘆いていらっしゃるのです。つまりイエス様は、「古い」、「新しい」といった次元で物事を見ておられず、「今どの様にするべきか」ということを私たちに語っていらっしゃるのです。

「あれは古い考えだからダメ」とか、「新しい考えは好きではない」といった意見は多くあります。しかし大切なことは、「今」という時代を生きるために何が必要なのかということです。今の時代でも、状況によっては昔の考え方でうまくいくこともあります。また今の時代の感覚でしか考えられない問題もあります。それを判断する力が、「今」を生きる私たちに必要なのだと、イエス様は私たちに語っていらっしゃるのです。

新しい時代へ

 5月1日から令和の時代が始まります。どの様な時代になるかわかりませんが、私たちは「今」を生きています。新しい考え方が多く生まれてくると思いますが、古い考え方の全てが捨てられる訳ではありません。どの場面でどの様な考え方をするのかが、今を生きる最大の力となっていきます。昔と今の調和を実現するイエス様の導きのもと、新しい時代を歩んで参りましょう。

« 5月の礼拝・行事予定 | トップページ | 6月の礼拝・行事予定 »

3.牧師より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月の礼拝・行事予定 | トップページ | 6月の礼拝・行事予定 »