« 2020年1月 | トップページ

2020年2月

2020年2月24日 (月)

3月の礼拝・行事予定

 1日(日)10:30 大斎節第1主日 聖餐式

 8日(日)10:30 大斎節第2主日 聖餐式(牧師就任式)

15日(日)10:30 大斎節第3主日 み言葉の礼拝

16日(月) 9:15 保育園誕生日礼拝

21日(土)10:30 聖職按手式(神戸)

22日(日)10:30 大斎節第4主日 み言葉の礼拝

29日(日)10:30 大斎節第5主日 聖餐式

 

※礼拝は、どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

※み言葉の礼拝とは、信徒がささげる礼拝のことです。

2020年2月 1日 (土)

教会便り2月号

気づいていますか

  司祭 セバスチャン 浪花朋久

 皆さんは、「マインド・フルネス」という言葉をご存知でしょうか。「マインド・フルネス」とは、気づくことを訓練することです。例えば、物事に対して「気づいていない自分がいる」ことや「何をしているのかわからない自分がいる」ことに気づいていく訓練をすることによって、精神力を鍛えていくようなものです。キリスト教でも「黙想」と呼ばれるものが、それに近いと言われています。聖書のみ言葉を読み、そのみ言葉について思いを巡らすことで、新しい何かに気づくことができるのも黙想の一つの特徴です。

 「気づき」とは、良いものを発見することだけでなく、自分がどのような状態であるかに気づくことも含まれます。つまり気づきとは、「理解していない自分がいる」といった、見て見ぬふりをしていた自分の存在を受け入れることでもあるのです。

理解する力

 ヨハネによる福音書第1章35節以下に、2人の人物がイエス様の弟子になったことが記されています。2人は、イエス様に「どこに泊まっておられるのですか。」と尋ねます。するとイエス様は「来なさい。そうすれば分かる。」と答え、2人はイエス様について行きました。そして2人は、イエス様が泊まっている所を見たのでイエス様の弟子になったのです。ここでいう「見る」には、「理解する」という意味があります。つまり2人の弟子たちは、イエス様がどこにいるのかを理解したので、イエス様の弟子になったのです。また「泊まる」とは、「留まる」という意味があることから、弟子たちはイエス様が自分たちの日常生活の中に留まり、イエス様が自分たちを喜びで満たしてくださる状態、そして悲しい時には誰かが慰めくれるように導いてくださっていることを理解したのです。

彼らの気づきは、イエス様を見ることができない現代の私たちに大きな希望を与えてくれます。何故ならイエス様が、私たちの日常生活の中に留まっていることを証ししているからです。イエス様の存在に気づくだけで、私たちの生活は一変します。イエス様によって喜びは更に増し、悲しみもイエス様が共感してくださるので半減するからです。

旅立ちの言葉

3年11か月という短い間に、この浜田の地でイエス様の力が多くの場所で働いていることに気づくことができました。私は2月末でここを離れますが、イエス様は私たちの生活の中にいて私たちをより良い生活へと導いてくださっています。皆様が、常にイエス様の存在に気づきながら日々を歩んでくだされば幸いです。

短い間でしたが、ありがとうございました。そして、さようなら。

« 2020年1月 | トップページ