2.教会が初めての方へ

2018年3月 2日 (金)

教会が初めての方へのQ&A

Q1:礼拝には初めて教会に行く人が参加しても大丈夫ですか?

 A:もちろんです。どうぞお越し下さい。

 

Q2:「礼拝」では何をするのですか?

A:「礼拝」とは、人々が神様に祈る集会のことです。浜田キリスト教会の礼拝では、「祈祷書」と呼ばれる本と聖書、そして聖歌集を使います。

礼拝は、聖書の言葉を聞いて牧師の話(教会では「説教」と言います)を聞いて聖歌を歌う、という流れで進んでいきます。

 

Q3:「礼拝」には何を持って行けば良いですか?

A:礼拝には特に持ち物は必要ありません。礼拝で使う祈祷書・聖書・聖歌集はすべて教会から無料で貸し出します。

礼拝中に献金を集めますので、ご理解していただければおささげください。(Q6を参照)

 

Q4:「聖餐式(せいさんしき)」って何ですか?

A:「聖餐式」とは、「ミサ」とも呼ばれる「礼拝」の一つの種類です。イエス・キリストの最後の晩餐、十字架の死、復活を記念する礼拝で、キリスト教の中で最も大切な礼拝の一つです。

 

Q5:「聖餐式」は、初めて教会に行く人、聖公会の信徒でない人でも出席できますか?

A:もちろんです。初めての方でも聖公会以外の信徒の方でも、どなたでも参加できます。

 

Q6:礼拝中に「お布施」「献金」などを集めるのですか?

A:浜田キリスト教会の礼拝では、日曜日の礼拝のみ「献金」を集めています。

この「献金」は教会の働きのためにささげられます。ご理解していただければおささげください。教会が献金をどの様に用いているかは、月に一度教会から発行される「月報」に会計報告を掲載しています。

 

Q7:「神父」「牧師」「司祭」などの言葉の意味が分かりません。

 A:日本聖公会では、教会の責任者のことを「牧師」と呼びます。言うなれば「職業」のことです。「司祭」とは牧師の「職位」のことです。「神父」とはカトリック教会の責任者を意味していますので、聖公会では用いません。信徒の皆さんも人によって「牧師さん」「司祭さん」「先生」など、それぞれ呼び方が違います。

2018年2月19日 (月)

礼拝って、どんなことをしているの?

2018年2月18日(日)の聖餐式の模様です。

03

説教:牧師(司祭)が聖書の言葉の解き明かしを語ります。

02

陪餐:カトリック教会では「聖体拝領」と言います。信徒は、お祈りされたパンとぶどう酒を牧師(司祭)から授かります。

01

祝福:牧師(司祭)からの祝福の祈りをもって礼拝を終わります。

2017年3月 8日 (水)

日本聖公会とは

  浜田キリスト教会が所属する「日本聖公会」とは、イギリスの国教会(国家が所属する教会)のキリスト教の日本語名です。「イギリスの教会」と言っても、日本ではイギリスから独立した教会です。そのため日本での名称を「日本聖公会(にほんせいこうかい)」と呼んでいます。
 聖公会は、カトリックとプロテスタントと中間の教会です。礼拝の形はカトリックに近いものがありますが、教会の責任者のことをプロテスタントと同じく「牧師」と呼びます。

 礼拝は「祈祷書」という礼拝で読む本(教会では「式文」と呼びます)を用いて礼拝をしますので、誰でも一緒に、そして気軽に祈りの言葉を唱えることができ、どんな人でも礼拝に参加できることが一つの特徴です。

2011年7月 6日 (水)

教会礼拝堂

教会礼拝堂の内部です。

Photo

Photo_2